日々使うものこそ上質な物を、真の贅沢を - EDO GILDE

商品紹介

招き猫 / 江戸玩具

招きネコ貯金玉

明治の貯金玉で、江戸の頃よりふっくらとしています。
小さな小判ネコと並べて、金運を願うのも楽しいものです。

Size
貯金玉 幅75mm×奥行78mm 小判 幅45mm×奥行30mm

 

商品詳細


ページトップへ
丸〆めネコ

現在、全国で作られている、招きネコの元祖と言われているネコ。
背面に〆のマークがあります。
手招きで訪れた幸運が裏から逃げないようにと願いました。
ちりめんのよだれ掛けには金の砂子。ちょっとリッチなネコです。

Size
幅70mm×奥行55mm

商品詳細


ページトップへ

なんとも楽しい顔の犬。
江戸時代は現代と同様に動物を愛する人々が多くいました。
幸せな顔に福もつられてやってきます。

Size
幅35mm×奥行55mm

商品詳細


ページトップへ
本丸〆めネコ

寛永5年にフィーバーしたネコ。
多くの粗悪品や類似品が作られたため、
作り手が対抗して、背面に本丸〆と刻印しました。
よだれ掛けは豆絞りという、江戸の粋なネコ。
黄色部分は当時と同じ、キハダを煮出した染料を使用しています。

Size
幅70mm×奥行50mm

商品詳細


ページトップへ
左招きネコ

幕末のパターンです。
左手で招きポーズを取っています。
顔もふっくらして、タコ足柄のよだれ掛け。
江戸小町でしょうか。

Size
幅75mm×奥行50mm

商品詳細


ページトップへ
丸〆め小ネコ

日本の小さいものへの愛着は「小さきものは美し」と
平安時代から続く美意識です。
手の平に乗る小さなネコ2体。
思わず、ほほえんでしまう、江戸のミニチュアールです。

Size
立姿 幅30mm×奥行25mm 寝姿 幅45mm×奥行25mm

商品詳細


ページトップへ