日々使うものこそ上質な物を、真の贅沢を - EDO GILDE

伝統の素材 会津もめん

エド・ギルド“来福鞄”に使われている素材、会津木綿の歴史は古く、 400年ほど前の天正年間に会津藩主、蒲生氏郷が会津藩の産業として綿花の栽培を奨励したのが始まりといわれております。 平織で堅牢、素朴で深い色合いが特徴の会津木綿は、江戸時代には“東の会津木綿、西の伊勢木綿”とまで言われるほど、 江戸市中で粋なカジュアルとして愛用されておりました。 100%白木綿糸を先染することで、色落ちしにくい丈夫な素材になっています。 また、縦糸・横糸が織り成す深い色合いと、心地よい木綿の肌触りは、職人による手作りだからこそ生まれるクオリティです。 メイド・イン・ジャパンの良品を、ぜひお手にとってお楽しみください。